沖縄不動産投資・収益物件・高級賃貸・海が見える物件の専門サイト




  沖縄ネット不動産の不動産情報サイト     

購入の流れ

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo` not found]

seiyaku-tytan1r3

1.物件見学(案内)の予約

現地のご見学を希望の場合は事前に予約をお願いいたします。
中古物件については入居中の場合もございます。
県外のお客様につきましては飛行機の空席状況を確認後お願いいたします。

2.物件見学(案内)

ご見学はご家族一緒でお願いいたします。
物件の資料を基に不動産のプロが詳しくご説明いたします。

3.銀行へ仮審査申し込み

ご購入を検討され住宅ローンをご利用の場合は
銀行のローンセンターへ事前にご相談ください。
また購入にかかる諸費用明細書を事前に作成しお渡しいたします。

沖縄の銀行住宅ローンセンター

4.購入申込書の提出

購入申込書は契約の意思を文書で表し契約優先順位を確保するもので
お客様にご署名捺印いただきます。
それをもって売主様と契約の交渉をいたします。
口頭による値引き交渉や契約交渉はトラブルのもととなりますので
契約の意思を明確に表すためにも文書での提出となります
まだ購入に意思が固まらない内は申込書を提出なさらないようお願い申し上げます。

購入申込書の有効期限は原則1週間で
その期間内に契約に至らなかった場合は優先順位の効力は消滅いたします。
県外のお客様につきましても事前に購入申込書を提出されても
有効期限内に現地確認、ご契約に至らなかった場合も白紙になりますので
ご了承願います。

また申込金は売買契約に至らなかった場合は理由を問わず全額返金されます。

5.重要事項説明、売買契約

金額や諸条件等、お互いに条件が一致しましたら
売買契約の準備をいたします。
重要事項説明、売買契約は事前に控えをお渡ししご説明いたします。

売買契約はとても重要な取引です。
売主様、買主様の日程を確認しながら日取りを決めていきます。

当日は
売買契約書に貼付する収入印紙、ご印鑑、身分証明書(運転免許証、保険証等)、
仲介手数料の半金などが必要になります。

詳細は事前にご説明いたします。

6.住宅ローンのお申し込み

契約前にあらかじめ銀行に仮申し込みしても
住宅ローンの正式申し込みは売買契約書の原本が必要です。
それから金融機関による本審査が始まります。
住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合には、
ローン条項により売買契約を解除することができます。

7.付帯設備等の確認

中古物件につき付帯設備表をもとに
ご契約の前にも確認いたしますがお引渡し前にも再確認いたします。
コンセント1個、木の1本まで確認していきます。
故障の有無や現地に置いていくもの、撤去するものなど
トラブルを避けるためお互いに文書で交わします。
現況引渡しの場合でも
その現況はどうなのか付帯設備表を作成いたします。

8.残金決済、物件のお引渡し

売買代金の残り (売買金額から手付金、中間金を差し引いた金額) をお支払いと
残金決済と同時に司法書士立会いで所有権移転登記申請の手続きを行います。
買主様が住宅ローンをご利用の場合はその銀行で行います。
諸費用 (固定資産税・管理費・修繕積立金など) の清算や登記料、仲介手数料残金の支払いなどを行ない、
鍵のお引渡しなど
これで一連の取引が完了です。

権利証(登記識別情報)は約1週間前後で出来ます。

残金決済、物件のお引渡しもスムーズに行くよう事前に詳しくご説明いたします。

9.お引越し(入居)

いよいよ新居です。

鍵穴の交換は防犯上、お客さまご自身でお願いしております。

入居後に気になる点がございましたら連絡ください。

ご契約からお引渡しまで安心して取引ができるよう、不動産のプロが責任を持って行います
(株)沖縄ネット不動産 098-995-6529

.