株式会社沖縄ネット不動産
9:00~18:00(定休日:日曜・祝祭日)

沖縄で流行るババ抜き

おはようございます。

正月休みが明けたと思ったら
世の中、明日から三連休です。サラリーマンは今月は出勤日が少ない

さて、最近はパソコン・スマホの普及で
ネットでいつでもどこでも最近のニュースを
見ることが出来ますので
TV離れが進んでいると言われます。

私も日頃は、
帰宅後にスポーツニュースを見るくらいですが
この年末年始は久しぶりにゆっくりTVを見る機会がありました。

そんな中、
年明けに嵐の番組で”ババ抜き”をしていましたね。

そう言えば
「嵐は昨年末でもう引退したのでは」と思ったら
引退は今年末だったんですね。(笑)

話は戻りますが
ババ抜き自体は誰でも出来る単純なトランプゲームですので
他人がババ抜きをしているのを見ても退屈なだけで
本来はわざわざTV番組にするような代物ではありません。

しかしそこを、
嵐という人気アイドルを中心に
著名なゲスト人たちで華を持たせています。

また、ババ抜き独特の
「誰がババを持っているか」の駆け引きや探り合い、
「自分ハバなんて持っていないよ」と装う仕草、
そして、ババを引いてしまった時の表情など
しっかり番組に仕立て上げているのは
さすがTVならではの過剰な見事な演出です。(笑)

TV番組にはなりませんが
不動産業界でも”ババ抜き”大会が行なわれることがあります。(笑)

不動産の”ババ”とは
買っても儲からない”ババ物件”のことを言います。

不動産業者は一応不動産のプロですが
そんなプロであっても、
自社で不動産を購入する立場になると
購入した後に初めてその物件がババ物件だったと
気付くこともあります。(苦笑)

そんなババ物件を所有している不動産業者が
同業者間で転売を繰り返し、ババ物件を
押し付け合うことを”ババ抜き”と言います。

また最近は
「この物件はババ物件かも知れない」と
予め予想が出来ていても
会社から与えられたノルマ達成等の事情で
ババ物件を購入するケースもあります。

どちらの場合も
ババ物件を所有している方は
「この物件はババ物件ではない」
というのを装います。

それどころか
本当はババ物件なのに
それを優良な物件のように見せかけます。さすが不動産業者(笑)

このババ物件は不動産の登記簿を見ると
分かることがあります。

先日、ある不動産の登記簿を見ていたら
短期間で売主がコロコロと変わっており
その所有者はいずれも不動産業者でした。

それだけでは単なる転売と見分けが付きませんが
その不動産の場合は
それぞれで取引きされた価格からすると
いずれの取引もほとんど利益が出ていないものと
思われます。

おそらく”ババ抜き”が行なわれている物件です。

いま沖縄では
不動産のババ抜きが増えていると言われています。

「無事にババ物件を売り抜けて(手放せて)良かった」
と安堵している業者さんの表情が目に浮かびます。